VP9 ハードウエアデコード対応デバイスまとめ

NO IMAGE

対応ハードウエア

Intel HD Graphic

Quick Sync Video(QSV)内のデコード機能として提供。
Kaby Lake(Core iシリーズ7000番代)以降の内蔵グラフィックス搭載モデルで使用可能。
ただし、グラフィックボードを搭載しておりグラフィックボード経由でビデオを利用している場合、グラフィックボードのデコード能力に依存。
Atomは全チップで利用不可。

Kaby Lake以降では、Windows10のみサポート。つまりIntelの内蔵グラフィックスでは、Windows10以前のOSでVP9のハードウエアデコードはできない。
Creators Updates適用済みでないと動かないとの情報も。

NVIDIA GeForce

NVIDIA PureVideoの機能として提供。
第2世代のMaxwell以降(一部モデル)で使用可能。
これは、750Tiの後期生産分、GTX950、960、980Ti。970、980は非対応。
1000番代はすべて対応。

AMD Radeon

ハードウエア的にはRX400シリーズから対応。
ただしドライバのバージョンにより動いたり動かなかったり。
最新バージョンでは支援きかない。
AMD側のだんまりのため、今後どうなるかは知らん。

Qualcomm Snapdragon

S820以降の対応。
S810以前は、本体解像度FHDのものが多く通信量を無視すればそこまで気にならないかと。

HiSilicone Kirin

搭載GPUがMail-Gシリーズ以降に対応。
Kirin 960以降。

Samsung Exynos

Kirinと同様。
Exynos 8895(グロ版S8)以降。

Apple製品について

Intel搭載のMac以外全商品非対応。

ソフトウエアについて

HWデコーダにデータを渡すソフトウエアが必須。

Windows

インストールするコーデックに依存。
LAV Filtersなどが対応。

ブラウザとしては、Chrome、Firefox、Operaに対応。
EdgeはWebM対応だけど、VP9は動いたり動かなかったりっぽい?
いずれも「ハードウェアアクセラレーション」を入れておくこと。
重いから切れとかいうサイトは信用しないほうがよい。
確実に動かしたいならChrome。

IE、Safariは非対応。

Android

AndroidではOSバージョンに依存。
4.4以降で対応。スペック的に4.4以前のデバイスではまともに動かない気しかしない。